fc2ブログ

不登校・いじめ・ひきこもり・教育相談、教育機会確保法の問題・その他の情報について考えて行くページです。

プロフィール

月別アーカイブ

フリーエリア

4 コメント

歩みを止めぬ東京シューレ学園

 さて今回の情報はシューレ学園が特例校関連の運動「不登校特例校連絡協議会」設立と「不登校特例校全国の集い」の事務局を末尾の大阪府の資料が正しければ務めているということである。つまり不登校専門の学校の業界団体を立ち上げるということだ。

 この動き自体は文科が、肝いりのような流れのようである。この動き自体も教育機会確保法に関連し、不登校の子どもに対して、カリキュラムを柔軟にした教育が行える特例校制度に関連している動きなのは言うまでもないだろう。
(もっと裏にはもしかしたら政治家やそれと結びついた動きが、文科を動かしているのかもしれないが…。雲の上の密室のことは一下層民の僕にはしりようもない。)

 確かに、学校同士が横のつながりを持ち、情報交換をすることは大切な事であろう。

 ただ不登校系の動きには、シューレや関係団体の名前が散見するときがある。今回も「本件の連絡先」としてシューレ学園が準備会事務局となっている。文科と協働して、事務局というその労を取る必要の前に、そんなゆとりがあるのであるなら、もっと性加害の被害者の方への謝罪や権利擁護などを、権利拡大運動をする前に、何にもまして第一にすべきなのではないかと思う…。子どもの権利云々というならばであるが…。もちろん、これは何かシューレ関係団体の動きがあるときは僕は常に言っていることではあるのだけれど…。

 このような動きや時々のマスメディアの報道を見るにつけ、東京シューレ関連グループは、子どもだった人々への過去の性加害を顧みず、社会的な動きを強化する利己的動きばかりを行っているように見える…。

 もちろんこのような運動も子どもの権利とか人権というのではなくて、体罰上等の反人権団体やナチスや大日本帝国を復古させる主義なのであれば少しは、そうなるだろうなという姿勢は共感できないが、わかる…。悪徳営利企業なら、儲けがモラルよりも必要そのためにはお上によろしくするというのもわからなくもない…。しかし子どもの権利とか最善の利益的なことを常に言っている団体としては、子どもが一番大切なはずだ。首をかしげざるを得ない。権利条約の趣旨という文言を持つ確保法推進などの行為が権利推進のためであるとしたなら、権利を言いつつ権利侵害(謝罪もないなら、社会活動は二次加害にならないだろうか?)するという矛盾する行為は、それが本当に子どもの権利の擁護と言えるのだろうか?…。また、沈黙する業界団体も、権利擁護をしているといえるのだろうか?……。

 
 毎回このブログで書くことも、本当にこれが良いのか?、自分の胸の内に留めているべきではと、ものすごく悩む。毎度自分自身を責めている。だが、まともな業界関係者が声を上げることを願ってあえて今回も書いた。誰かが、奥地氏やシューレの喜多氏などに忠言してくれるとよいのだが…。

 どうして、ここまでシューレグループ(兄弟組織なら、言えることもあるはずだから)は鈍感になれるのだろうか?。僕自身はこのようなことを書くとき、僕の様な悪人ですら自ら過去の実践で至らず多くの人を傷つけたことや、親御さんや子も思い浮かぶ(万を超える人と関わったのであるから、確実に傷つけるその気がなくても、未熟故に傷つけている…)申し訳なくて苦しくなる。そういうわけで、居場所関連以外の無謬な人間でないから本来書く資格もないから、余計つらい。

 普通は、新聞沙汰になった事件であるなら、権利云々の前に恥の心があれば、こうなんどもこのような権利擁護と矛盾する動き(被害者の方の立場で考えれば、社会的に確保法関連事業を持ち出し各団体と連携するのは、問題を放置して事業を拡大させるがごとき動きだ。僕なら耐えがたいと思う故)は動けないはずである…。

 このシューレ関係グループの鈍感力と力ある行政や政治関連に尽くすというか、食いつく力・・・。もちろん法的には問題ないが、道義や権利的視点ではこれほどの猛烈な冷たさがなければ、多くの人々の懸念や反対を押し殺し、多くの識者も問題を指摘していた確保法を強行成立させ、権利の名のもとに権利を抑圧するような立法強行や関連事業の実施という行いはできないのかもしれない…。

 シューレが事務局であることに懸念や助言で、権力側の文科がシューレ側に気付きを示さないのは権力側にとっては権利と言うものが建前であることを示しているようにも思える一時例だ。本当に残念である。(文科も参考資料のようなことを承知の上でまた不祥事を承知の上で、シューレ学園が事務局として承認していたならだけど…。)

 少しでも社会活動よりも、被害者支援という基本を大切にしてほしいものだと思っている。

参考
 不登校特例校の設置促進に向けた連携・協働体制の構築について(協力依頼)01_monka_04_603.pdf (osaka.lg.jp)
「不登校特例校連絡協議会」設立と「不登校特例校全国の集い」
開催に当たって ―ご参加・ご協力のお願い―    02_annai_04_603.pdf (osaka.lg.jp)
不登校特例校全国連絡協議会規約(案)03_kiyaku_04_603.pdf (osaka.lg.jp)
スポンサーサイト



コメント

やみなべ・じぇろにも 2022/12/24 21:34  編集 URL

No Subject

大切にするしない以前に、キチンと出来るか
出来ないかレベルの話ではないでしょうか?
性加害は1発で取り返しの付かない事になる
レベルの話ですから。それがもし日常的に
あるならそもそも土台が0だったとしか言い様
がないです。



miyakawam 2023/01/01 14:57  編集 URL

Re: No Subject 修正して再投稿いたします

 事件自体は過去の話ではある(今はないと信じたい)のですが、但しその事件を知りつつ隠ぺいする等の行為を行い、裁判で戦い、新聞で表ざたになっても代表の奥地氏は、かなりの間、関連の代表を辞めませんでした。またシューレ学園の学園長を今もしていると僕は認識しています。いわば公人です。

 奥氏が代表だった団体の議事録 https://aejapan.org/wp/officialinfo/kaisan/ を見ても子どもの権利と言う割に反省の色も奥地氏には見られません。(少なくても、僕の理解ではそのようにしか読み取れない。)普通、何か不祥事があれば大企業に限らず、関連の職を全てを辞任するのはトップの責任の取りかたとして一般的だと思います。まともな組織なら再発防止の検証と対策の公表を行うはずです。どうして子ども関連の代表に大きな問題になっても居座れるのか、僕の感覚では理解できない。

 まして子どもの権利とかいう団体でしたら、仮に知らなかったとしても、知った段階で丁寧に謝罪したり被害のフォローに第一に努めても良いはず。裁判で戦うとか、隠ぺいするとか、隠ぺいして子どもの権利を条文に持つ法律を多くの人の反対を無視して作り。更に自分たちの宣伝活動をしたり、行政とねんごろになるようなことは自粛するはずです。それは常に被害者の方を傷つけると思うので。(僕もこのような場で書くのは自分もそうかもしれないので、つらいのですが・・・)

 (もちろん未来永劫公的活動をするなとかいうのではなくて、僕は被害者の方々に謝罪し方々が納得(シューレグーループや奥地氏が方々に圧力をかける類ではなくて、心からの反省や態度の変化という長期的姿勢が前提なので、まず現在は不可能に近いし、必ずしも得られるとも限らなくて当然のこととして)したなら、別に権利系の活動を大いにするのは構わないとは思います。しかしそれは、今の反省なき態度なら、謝罪すら恐らく今後もあり得ないでしょうから、権利と言う観点から考えれば、すっぱりと辞めたほうが良いと思う。もちろんいい悪い抜きならば、権利とかいうのをやめて、戸塚ヨットとかナチスのような理念を掲げて運動するならまだわかるけれど…。権利を建前に、権利毀損の活動をしていますから…。)
 
 ですので僕の価値観では「キチンと」していないし、更に法律等を作ったりしたことで全国民や広域自治体民を縛るがごとき動きをするので被害を受けているとも言えます。故に時々、問題を取り上げています。まぁ、こんなさびれた辺境ブログで書いたところで、何ほどの影響もないのですが。それでも愚公山を移すということわざもあるので…。

 一部修正して、再投稿しました。大変すみません。
aki 2023/01/12 00:08  編集 URL

日本有事と急がれる改憲、大変恐縮に存じますがどうかこの危機を皆様に知って頂きたいです

日本存亡に関わる台湾有事危機が高まる中、
敵国が望む改憲阻止の為、中韓と連携し野党メディアが倒閣へ扇動をかける状況にどうか気付いて頂きたいです(09年は扇動が成功)

国防妨害一色の、メディアが全力で守る野党は、北と韓国政府から資金投入の朝鮮総連、殺人の革マル等反社勢との連携、大炎上中のcolabo等は一切報じぬ裏で、

中朝は核の標準を日本に向け、侵略虐殺を拡げる現在、日本の尖閣に侵犯を激化する中、改憲せず攻撃力を持たずの現防衛力では、

多くの日本人を銃殺した韓国の竹島不法占拠、北の日本人拉致、中国の尖閣侵犯にも、9条により日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ない事が示しています。

中韓の間接侵略は、野党が法制化を目指す外国人参政権や日本人のみ弾圧対象ヘイトスピーチ法、維新道州制等、多様性と言う"中韓の声反映"に進んでおり、

野党メディアが09年再現へ世論誘導をかける今、中韓浸透工作は最終段階である事、
日本でウクライナの悲劇を生まぬ為、一人でも多くの方に目覚めて頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
https://pachitou.com/2021/10/29
長文、大変申し訳ありません。
miyakawam 2023/01/12 09:33  編集 URL

Re: タイトルなし


 書きこみありがとうございます。9条改憲の方でしょうか。僕とは違う視点からのご指摘感謝いたします。

 歴史的に軍拡した国は、ローマや大日本帝国に限らずほぼ滅んでいます。またいくら軍事力を上げても、戦争する場合は原発を持っている以上はそこを破壊されればおしまいです。または、核を打たずとも膨大な海軍力がないと、シーレーンを破壊すれば日本に資源がないのでおしまいです。かってのように5割くらいを軍事費に使わないと、軍事で国は守れないでしょう。近代戦では戦争して勝てる地勢に、日本の今はないと思います。まして国民生活が疲弊しているのに軍事費の増強は、むしろ国を亡ぼすと思います。他国には自民党のように挑発せず、平和外交や経済交流、各国民には友好プロパガンダで対抗すべきだと思っています。

 日本国内のプロパガンダで言うと、例えばご指摘の北朝鮮のミサイルなどは、通告され日本の領空を超えて飛んでいるので、マスメディアの報道が危機感を戦前のように煽っているだけだと思います。誰がその報道で儲かるかを考えると、自明なように思います。

 ただ、「多くの日本人を銃殺した韓国の竹島不法占拠」は日本の視点から見て、ただの不法占拠ではないでしょうか。僕の知っている最近の世界観、情報とは違うような、感じがします。

 資源と経済力のない日本では、軍拡競争をすれば中国に人口と軍事力で負けます。9条は今のままの日本の方が、安全を守れると思っているし、抑止力としての軍事力も今の日本はそこそこあります。なので改憲という方針は、僕とは違う立場です。しかし違う視点からの危機感、国を良くしたいというお気持ちは伝わりました。その部分お知らせいただいたこと、有難く思います。 
非公開コメント